ONLINESHOP

Patisserie HEIGORO パティスリー ヘイゴロウ

STORY

外観

平五郎について

時を越えて変わらない想いと新しい歴史のはじまり。
江戸の創業に始まり加賀百万石前田家の本陳として歴史を刻んだ「御本陳藤屋」。
その歴代当主が代々襲名してきた「平五郎」をお店の名称といたしました。
老舗の精神を受け継ぎ、時を越えて愛されるこだわりのものづくりをいたします。

「御本陳藤屋」

1648年、江戸時代に創業した「御本陳藤屋」は、善光寺門前で参勤交代における本陳(殿様が宿泊する格式の宿)を担う旅館として歴史を刻んで参りました。 伊藤博文、福沢諭吉をはじめ、文人、政治家、皇族など各界の著名人が、しばしば藤屋を常宿として羽根を伸ばされ、歴史と物語を紡いできました。

御本陳藤屋
不易流行

1925年(大正14年)には現在の3階建ての洋風建築へと変貌をとげ、1997年(平成9年)国の登録有形文化財となりました。
時代の変化と共に迎えた2006年春、由緒ある建物を可能な限り残したリノベーションを施し「THE FUJIYA GOHONJIN」としてイタリアンレストランと結婚式場やご宴席会場が一体となった新たな空間として変化を遂げました。
不易流行の精神を伝える善光寺表参道のランドマークとして、現在も多くのお客様にご来館頂いています。

PAGE TOP